日本病院薬剤師会とは?

HOME

日本病院薬剤師会とは?

日本病院薬剤師会は病院やクリニックなどに勤務する薬剤師が加入している団体になります。会員数は2007年の段階で約37000人になります。

出来たのは1955年であり、法人設立は1972年になります。多くの薬剤師が加入していますが、強制的なものではないため加入していない人もいます。間違いやすいものとして日本薬剤師会という組織もあります。こちらは薬局などに勤務している薬剤師によって運営されている組織なので区別する必要があります。

日本病院薬剤師会は、病院やクリニックに勤務する薬剤師の知識や技術の水準を高め、常に新しい技術や知識を導入することによって薬学を進歩発展させていくことを目的としています。その結果は国民の厚生福祉の増進にもつながる事となります。

具体的な活動としては、地区ブロックでの学術大会や各種の講演、研修会の開催、学会誌や関連書物の出版などです。地区ブロックの学術大会では、多くの病院で働く薬剤師が発表を行います。多くの薬剤師が参加することによって、新たな治療法などが見つかっていくことにつながります。講演では業界での著名な人の話を聞くことで、自分の仕事に新しい知識や技術を取り入れることができるようになります。
 

病院薬剤師会は何をするところ?

全国規模の薬剤師会と各都道府県にそれぞれ下部組織として存在する病院薬剤師会は、診療所や病院などに勤務している薬剤師が所属するための団体です。病院薬剤師会とは別に薬剤師会とよばれる保険薬局に勤めている薬剤師が所属する団体があります。

病院薬剤師会が何をするところなのかというと、各年ごとで予算を編成し、その予算を利用することで各病院や診療所に勤務している薬剤師向けの集会を行う事が主な業務になります。

この集会は法律や省令などの変更があった場合などにその内容について情報を提供したり、日々向上したり新しく開発されていく薬剤の情報を共有したり、それぞれが所属する病院や診療所で起きた問題や現状の報告、救命時の対応方法の訓練などが行われており、全国の病院・診療所に勤務している薬剤師全体の能力の向上を図るために行われています。

この集会にはすべての薬剤師が参加できるわけではなく、その病院薬剤師会の会員として所属している診療所や病院で勤務している薬事脚が対象となる事前の申し込みがあるため、会員でありなおかつ事前の募集定員が埋まる前に申請出来たものだけが参加することができます。

しかしこれらの内容は各都道府県のホームページで公表されていることもあるため後で確認することも可能です。

→ 薬剤師求人

PAGE TOP